虫歯は何で出来るの?

虫歯は何で出来るの?

http://www.kuniodental.com/blog/_data/contribute/images/75_1_2.jpeg

「ハミガキをサボってしまうと虫歯になる」ということは、皆さんご存知の事だと思いますが、虫歯に至る流れを簡単にご説明致しますね。

先ず、歯の表面に「ぬめり」ができます。

これをバイオフィルムと呼びますが、このバイオフィルムによって歯に汚れが付着してしまいます。

この汚れが付着した所に虫歯の菌がやってきて繁殖すると、虫歯の菌が酸を出し、歯を溶かしてしまいます。

これが停滞する事によって治療が必要ないレベルから治療しなくてはならないレベルまでになってしまいます。

就寝中は口の中が乾燥してしまいますが、この時間が虫歯と歯周病の菌が活発に繁殖する時間というのはご存知でしょうか。

夜、寝る前のハミガキで、虫歯菌や歯周病菌の温床になる汚れを丁寧に取る事が何よりの予防となります。

また、表面が軽く溶けた状態なら治療せずに再石灰化を促すフッ素や、虫歯菌の繁殖を抑制するキシリトールなどを併用して経過観察となったりします。

虫歯の治療は初期段階ですと、痛みも少なく、治療期間も短く、経済的です。

ハミガキをシッカリ行い、定期的に歯科医院でクリーニングと虫歯の有無を確認することは、ご自身の歯を守る上でとても大切なことですよ。

戻る

Page top