冬野菜 大根の効果

冬になると風や水が冷たいので虫歯や知覚過敏がしみ易くなりますが皆様如何お過ごしでしょうか。

 

寒い時期に食べたくなるお料理や旬の食材は身体や気候の変化に適した効果が得られますよね。

旬の食材は栄養と美味しさがいっぱい含まれています。

特に冬の野菜はβ-カロテンやビタミンCが多く含まれており、免疫力アップや健康な皮膚・粘膜の保護、老化予防の効果が期待できます。

 

その中でも、今回はサラダ、お鍋、煮物、汁物、薬味、など家庭の食卓を彩ってくれる大根のお話を致しますね。

大根は年間を通して出回っている野菜ですが、旬は秋から冬です。

冬場は、寒さでぐんと甘さが増し、冬のメニューにかかせない食材となっています。

 

大根の薬効・・・

消化不良 胃酸過多 二日酔い せき 打ち身 頭痛 発熱 のぼせ 歯肉の出血  ニキビ 冷え性 がん 動脈硬化、胃潰瘍、胃炎、便秘

 

大根の根の部分には、でんぷんの消化酵素が多く含まれている他、腸の働きを整えてくれる効果があります。

消化酵素の中の「ジアスターゼ」には、高い解毒作用があり、焼き魚の焦げた部分に含まれる発ガン物質の解消も期待出来、付け合せの大根おろしは理にかなった食べ方といえるそうです。

 

ビタミンCは熱に弱い性質があるので「大根おろし」は発ガン物質の解消の他、消化の助けや風邪予防、血液サラサラ等、様々な効果を得る事が出来るので積極的に摂取しましょう。

水溶性のカリウムが溶け出しているので絞らず汁も使うと尚良いです。

オススメは時間の経過で酵素が減少してしまうので、食べる直前にすりおろすのがポイントです。

 

また大根は豊富なビタミンCを含みますが分布は平均しておらず、中心部より表面の皮のほうが約2倍も多く含んでいます。なるべく皮はむかずにきれいに洗って皮ごと食べると良いです。

また見逃せないのが、葉はビタミンCが根の部分より多くビタミンA(カロチン)、ビタミンB1、B2、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄などの成分を含み、栄養豊富です。

 

もう1つの方法として、大根は乾燥させることで非常に栄養が増えるので、切り干し大根などにしていただくのもおすすめです。

干すことでカルシウム・ビタミンB群・カリウム・食物繊維・鉄分などが大幅に増え、鉄分に関しては生の時の30倍近くまで増えるそうですよ。

 

美味しいご飯を食べる為にも、健康を維持するにも、寝る前のハミガキは丁寧に行いましょうね。

戻る

Page top