フッ素

フッ素

http://www.kuniodental.com/blog/pdf/sika001.pdf

 

フッ素は歯質を強化し歯を丈夫にしてくれる物です。

又、フッ素は自然に広く存在する元素で、あらゆる自然の恵みを飲食する事によって私達は日常的に摂取している物でもあります。

 

フッ素が多く含まれる食品は・・・

海藻、魚、塩、味噌、お茶、ジャガイモ・・・など。

また、歯や骨の中にも多く存在しております。

歯や骨が作られる時、その健康を維持する為にも必要不可欠な栄養素です。

ただ、飲食だけでは歯の健康を保つには不可能なので、意識的にフッ素塗布を行って行く事が必要なのです。

 

ーフッ素の働きー

・歯を強くする

 フッ素が歯の表面に作用して強い結晶となり、虫歯菌が作り出す酸から歯を守ります。

 

・再石灰化

 虫歯菌によって作られた酸が歯を溶かし始めた時、唾液中のミネラルが歯へ沈着を促すことで歯を修復します。

この働きを「再石灰化」と呼び、初期虫歯はこの働きで治る事があります。

 

・抗酸化作用

 フッ素の持つ抗酸化作用は虫歯菌にも働くので、虫歯菌の活動の妨げになります。

 

歯が丈夫な方と、弱い方の虫歯の進行速度は大きく変わります。

 子供の検診の時にフッ素塗布を行いますが、これは歯が生え始めの乳歯や永久歯は吸収率がとても良く、大人になっても歯が丈夫で虫歯になり難くする為です。

また生え始めの歯は、まだ弱く虫歯に非常になりやすいので、積極的にフッ素塗布を行いましょうね。

 そして、近年では一生に渡りフッ素塗布を行った方がいいといわれ始めています。

主な理由として、年齢や歯周病によって歯肉が下がって歯根が露出するからです。

この露出した歯根はエナメル質に覆われておらず、虫歯に対する抵抗力が低い為、再石灰化を促し歯質の向上に役立つからです。

また歯根が露出すると知覚過敏になることもあり、再石灰化は知覚過敏にも効果が得られることもあるからです。

 

 市販で購入できるフッ素配合の歯磨き粉は非常に低濃度に抑えられています。

毎日使用する事で、使わないよりは効果を得られますが、より虫歯予防を目指すなら歯科医にて3,4ヵ月に一度フッ素塗布を行いましょう。

これは、お口の状態によって個々に異なりますが、1年に2~4回の塗布を維持する事によって、20~40%程度の虫歯予防効果があるといわれているからです。

 

~家庭でも少しの工夫で効果が高められる

                フッ素配合の歯磨き粉の使い方~

・毎日継続する事。

・1日2回のハミガキ。

・就寝前は必ずハミガキをする事。

・正しい使用量(例:3~6歳未満はグリーンピース大。それ以上の年齢はハブラシの半分以上を目安に)

※分量は商品によっても違いますので、おおよそと思って下さい。

・3分以上は磨くこと。(夜は10分以上がおススメです。)

・ゆすぐのは少量のお水で2回程度に抑える。

・ハミガキ後は1時間程飲食しない。

 

「継続は力なり」

ハミガキに関することは特に、この言葉がシックリきます。

ハミガキも、フッ素塗布も、キシリトールも。

 

歯は治療も大事ですが、ご自身がどの様に行動するかによって将来、必ず自分に返ってきます。

皆様、どうぞ自身の歯を大切にしてくださいね。

 

戻る

Page top