金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは?

http://www.kuniodental.com/blog/pdf/sika005.pdf

 

金属アレルギーは体液によって身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

アクセサリーなどで皮膚に現れるのは,主に汗で金属イオンが流れて身体が反応してしまいます。

口の中の金属は唾液と共に金属イオンが流れだし、身体の中に直接入り込んでしまいます。

金属は消化されません。

又、完全には排出する事は出来ず、体内に少しずつ蓄積していきます。

その為、口腔内に金属がある限り、一生影響を受けてしまいます。

 

金属アレルギーは金属に接触してから、ゆっくりと時間の経過と共に現れる「遅延型アレルギー」といわれるものです。

そして、皮膚のかゆみ以外にも様々な症状を引き起こしますが、金属アレルギーが原因だと分からず、悩む方も多いようです。

 

アトピー性皮膚炎、口内炎、金属の触れた部分の赤み、かゆみ、頭痛、肩こり、角質代謝が悪くなり吹き出物やくすみ、くま、冷え症、肥満、むくみ、便秘、下痢、情緒不安定、食欲不振・・・その他、様々な症状とかかわりがあります。

歯科治療で使う金属で、直ぐにアレルギー反応が出るとは限らず、金属を詰めてから数十年経って急に症状が出てしまう事や、気付かぬ内に慢性化してしまっている恐れもあるので、頭の片隅にでも覚えておいてくださいね。

 

アレルギーになりやすい生活条件は、

・短時間睡眠

・口呼吸

・冷たい物を良く食べる

・早すぎる離乳

などが挙げられます。

また、アレルギーは血液検査をして金属以外にも、シッカリ食品や物を回避することもひとつの方法です。

 

戻る

Page top