歯を削らない ~Doc's Best ドックベスト治療について~

皆さんこんにちは!

8月に入り、本格的な猛暑が続いておりますが如何お過ごしでしょうか。

冷たい食事やスイーツが殊更美味しく感じる季節になりましたね。

夏バテ予防にもなるべく冷たい食事を控えようとは思っていますが、ついついアイスやジェラート、凍らせたゼリーなどストック豊富に・・・と、まとめ買いしてしまったデザートを一日の終わりの楽しみに食べてしまいます。

ただ、特に食事や飲み物は温かい物を摂る様心掛けています。

きっと、これで毎日アイスを食べても夏バテ予防になってると信じて・・・。

 

今回のお話は、Doc's Best(ドックベスト)治療です。

テレビで紹介されたこともあるこの治療法は患者様の治療に対するストレスを軽減し、歯の寿命も伸ばす可能性あるのです。

従来の保険の治療

虫歯菌が神経に届いていたらその歯の神経を取らないとなりません。

ただ神経を取る治療は回数が掛かります。

神経を取る治療は一度では、太い神経に枝分かれしている細かい神経までの全てを取り除く事が出来ないからです。

何回かの治療によって神経をしっかり取り除けば歯を補強していく治療に移るのですが、被せ物が入るまでの治療回数は虫歯治療の中でも多いです。

また、神経を取った歯は栄養がいき亘らなくなるので歯が脆くなったり、歯の根に病気が出来てしまったりと、最終的に歯を残せなくなるリスクも上がります。

今回説明するドックベストは虫歯を削って除去するのではなく、高い殺菌力によって無菌化する治療法です。

この殺菌力で神経まで達した虫歯をドックベスト治療を行うことにより、神経を残せる確率が上がり、歯の寿命を延ばすことにも繋がります。

それにより、患者様の治療に対するストレスも軽減し、神経を残せる可能性が高くなります。

 

このドックベストセメントの抗菌力は半永続的で、虫歯だった部分は無毒な歯質に変化します。

又、主成分は銅や、リン酸、亜鉛などの天然ミネラルなので副作用の危険もございませんし、金属アレルギーの方も使用可能です。

 

この治療法は虫歯菌に侵された歯質も変化していく事から、治療回数は少ないですが、様子をみる期間があります。

また、必ずしも神経が残せる事でもありません。

ただ、神経の有無は歯の寿命にとても密接な事なので、可能性としてドックベスト治療も視野に入れてみては如何でしょうか。

 

また、直接ご説明もしますのでお気軽に御相談下さいね。

 

               クリニカルコーディネーター  佐藤

 

クニオデンタルクリニック

〒222-0021

横浜市港北区篠原北1-3-41

045-435-1182

戻る

Page top