歯の役割と働き

前回、咀嚼(そしゃく)の重要性を説明しましたが、今回は咀嚼する時に使う歯の働きについてお話致します。

 

帆を大切に長く使用出来るかは、毎日のハミガキをどの様に行うかで大きく変わってきます。

歯がある事は当たり前の様に感じてハミガキが疎かにならない様、歯の役割を知っていきましょう。

 

先ず、一番見える場所にある上下の4本。

前歯について。

前歯は口元の中心にあり、顔のバランスや見た目の審美性が大きいです。

その他、発音する時にも大きな役割を果たしており、前歯が無い状態での会話は空気が抜けてしまうので発音しにくく、聞き取りにくくなってしまいます。

アナウンサーや女優など人にもよりますが、言葉を発する職業の方は、歯の治療でかぶせ物が変わった際に、いつも通りに話せるよう滑舌や状態を確認するほどです。

又、食事の際の役割は、物を適度な大きさに噛み切るという事。

これは、咀嚼時の奥歯の負担を軽減し、すり減りにくくする為です。

 

 

八重歯(犬歯)は前歯に分類されますが、この歯の特徴は、歯の中で一番強い構造という事。

その為、前歯や奥歯にかかる負担を軽減する働きがあります。

何故、犬歯にその様な働きが出来るのかというと、他の歯と比較して根の部分が一番長いことが挙げられます。

昔からその知識があったのか・・・犬歯は糸切り歯とも呼ばれ、過去には生活に役立つ歯でもありました。

 

犬歯の後ろにある、小臼歯。

この歯は食べ物を引き裂く役割。

また、噛み合わせの位置と、顎の動きを正しく行う為にも必要になる歯です。

基本的に、どの歯にも言える事ですが、1本でも無くなってしまうと、噛み合わせと顎の動きに大きなダメージを与える事になってしまうのです。

 

毎日強い力を受けている大臼歯は、食べ物をすり潰したり、消化しやすくする為に細かくする働きがあります。

また、噛み合わせを安定させる役割もあります。

大臼歯は奥歯の2本を指しますが、手前の第一大臼歯が生えてくるのは6歳前後。

幼児期に生えてくる為、手入れが十分に行う事が出来ず、早い段階で虫歯になってしまう方も多くいらっしゃいます。

そして、スポーツをする際や、力を込める時に歯を食いしばりますよね。

力を発揮したい時のサポート役としても役立つ歯でもあります。

 

 

歯は、人の印象を左右します。

会話の中で一番視線を集めるのは、動きの大きい口元。

無意識の内に見られています。

そして、良く噛む事でしっかり栄養を摂ったり、消化を助けるだけでなく、様々な場で私達の生活を支えている、縁の下の力持ち。

 

歯を大切にするのに一番大事な事はハミガキをしっかり行う事。

 

今日から意識を改めてハミガキをして下さいね。

 

                       佐藤

戻る

Page top